読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朝だけ断食実践はり師の  はらぺこで健康になろう

愛知県あま市 たんぽぽはり灸接骨院 院長 日比朋紀の朝だけ断食・はり治療・日常の雑感

生理学問題解説19

いつも読んでいただきありがとうございます。

 

下の娘もいよいよ夏休みが終わり中学が始まります、

いきなり実力テスト

らしいです。中学生にもなると大変です。

おねいちゃんのほうは、大学の研修があるらしいです。

家族それぞれが忙しくなりますが、とにかく健康で

楽しく行きたいとおもいます。

 

今日は

前期の復習の国家試験問題です。

正常数値の問題です、この手の問題は間違えると

惜しいですから、必勝で行きましょう。

 

問題  正常な体液について正しい記述はどれか。

 1.pHは約6.0である。

 2.体液量は体重の約15%である。

 3.細胞内液量は体重の約5%である。

 4.体液の浸透圧は約290mOsm/lである。

 

pHの正常値は 7.35~7.45

 

身体を構成している水分を体液という

体液の量は体重の約60%

体液の40%は細胞内 20%は細胞外

 

細胞がい液の20%のうち 15%は細胞の周りを

取り囲む 間質液 5%は血液中の血漿にあたる(体重の5%)

 

体液の浸透圧は 約290mOsm/l (教科書 P10)

体液に溶けている物質分子の総和が一定の為

体液に溶けているイオンはナトリウム、カリウム、、マグネシウム

塩素、重炭酸、リン酸の各イオン およびタンパク質である

 

答え ④