読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朝だけ断食実践はり師の  はらぺこで健康になろう

愛知県あま市 たんぽぽはり灸接骨院 院長 日比朋紀の朝だけ断食・はり治療・日常の雑感

生理学問題解説11

 

いつも読んでいただきありがとうございます。

 

昨日のフォローアップ生理学は 神経の2回目でした。

しばらくお休みで、前期の最終は8月22日になります。

 

はりきゅう国家試験問題解説

 

 

  興奮性伝達物質として働くのはどれか。 

 

1.グリシン 

2.一酸化窒素 

3.グルタミン酸 

4.ガンマアミノ酪酸 

 

 

中枢神経内のシナプスにおける化学伝達物質に関する問題です。

教科書のP170 

 

ガンマアミノ酪酸GABA)とグリシンは抑制性伝達物質

グルタミン酸は 興奮性伝達物質です。

化学伝達物質の分類の中に 一酸化窒素が含まれています。

 

ちなみに オピオイドペプチドは鎮痛

P物質は痛覚に重要

 

答え 3