読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朝だけ断食実践はり師の  はらぺこで健康になろう

愛知県あま市 たんぽぽはり灸接骨院 院長 日比朋紀の朝だけ断食・はり治療・日常の雑感

生理学問題解説33

いつも読んでいただきありがとうございます。

 

今日は風が冷たいですね。

自転車での往診はあきらめて車で乗せていってもらいました。

 

トライデントの鍼灸科は日曜日に

第一回目の卒業試験がありました。

この卒試に合格すると

あとは来年2月の国家試験に向けて

ラストスパートです。

3年生の皆さんがんばってください。

体調管理はしっかりお願いします。

 

生理学国家試験問題解説

 

問題  体液の調節について誤りはどれか 

  

1.アルドステロンはナトリウムの再吸収を促進させる 

 2.レニン・アンジオテンシン系は細胞外液量の増加で活性化される  

 3.バゾプレッシンは尿量を低下させる  

 4..細胞外液の浸透圧の変化は視床下部で検知する

 

 

1.アルドステロンはナトリウムの再吸収を促進します。

3.バゾプレッシンは、集合菅で水を再吸収しますので、その結果尿量は減少します。

4.細胞外液の浸透圧の変化は、視床下部にある浸透圧受容器が検知します。

 

2.レニンーアンジオテンシン系は 出血や激しい下痢などによって

細胞外駅が減少したときに

腎臓の輸入細動脈の血管壁にある糸球体近接細胞で感受し

レニンが分泌され 結果レニンーアンジオテンシン系が作動し

副腎皮質からアルドステロンが分泌亢進し

尿中へのナトリウムと水の排泄を減らします。

 

答え ②