読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朝だけ断食実践はり師の  はらぺこで健康になろう

愛知県あま市 たんぽぽはり灸接骨院 院長 日比朋紀の朝だけ断食・はり治療・日常の雑感

22日は秋分の日

いつも読んでいただきありがとうございます。

今日は10時半からスタッフの健康診断のため

午前は休診です。

午後は3時半から平常通リです。

 

今週は土曜日も祝日で、秋分の日

家族との会話で、「22日ってなんの祝日だった」

「秋分の日だって」

「あれ23日じゃなかったっけ」

こんな話をしていたら、

うちの奥さんが調べてくれました。

 

秋分の日が9月23日でなくなるのは

1979年(9月24日)以来33年ぶり。

9月22日になるのは1896年以来、116年ぶりの出来事です。

これは、地球が太陽の周りを1周する時間が

1年365日ではなく、1年365日とちょっとだからです。

 

このズレのせいで、秋分点の通過時刻は年々遅くなります。

ズレを修正するため4年おきに1日増やす「うるう年」があります。

それでも秋分日が9月22日になったり

9月24日になったりする年が発生します。

 

春分の日、秋分の日は太陽がそれぞれ春分点秋分点を通過する日になるらということです。

国立天文台のHPで詳しい解説が見られます。

このHPは宇宙好きにとっては面白いです。

 

秋分の日は24節気の一つでもあります。

暦便覧によると 「陰陽の中分になればなり」

この日は太陽がだいたい真東から出て真西に沈みます。

昼と夜がだいたい同じ時間で このあと

だんだん秋の夜長になっていきます。