読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朝だけ断食実践はり師の  はらぺこで健康になろう

愛知県あま市 たんぽぽはり灸接骨院 院長 日比朋紀の朝だけ断食・はり治療・日常の雑感

生理学問題解説 12

いつも読んでいただきありがとうございます。

土曜日は生理学の国家試験問題解説です。

 

国家試験問題17回

化学シナプス伝達の特徴として誤っている記述はどれか。

 

 1.一方向性伝達である。

 2.シナプス遅延が100msある。

 3.化学伝達物質によって興奮性が決まる。

 4.疲労しやすい。

 

 

 

シナプスの興奮の伝達の問題です。

 

興奮伝達の特徴は

一方向性伝達 シナプス前終末から放出された化学伝達物質がシナプス後細胞の受容体に向かう方向に伝達します。

易疲労 シナプスは疲労しやすいです。

化学伝達物質には、興奮性、抑制性、さまざまなものが存在します。

シナプス遅延とは興奮がシナプスを通貨する時間です。0.2ミリ秒です。

 

答え 2

 

 

シナプスの興奮伝達と区別して

神経軸索を興奮(電気信号)が伝わる 興奮の伝導と区別しなければいけません。

 

興奮伝導の特徴は

 

両方向性伝導・不減衰伝導・絶縁性伝導・跳躍伝導 です。