読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朝だけ断食実践はり師の  はらぺこで健康になろう

愛知県あま市 たんぽぽはり灸接骨院 院長 日比朋紀の朝だけ断食・はり治療・日常の雑感

生理学 問題解説 1

生理学 問題解説です

今週のフォローアップの排泄の問題

第18回 国家試験問題

 

問題  蓄尿時に興奮が高まらないのはどれか。 

 

 1.膀胱平滑筋支配の下腹神経 

 2.膀胱平滑筋支配の骨盤神経 

 3.内尿道括約筋支配の下腹神経 

 4.外尿道括約筋支配の陰部神経

 

 

 

 

蓄尿時は、尿をためるために 

①膀胱の平滑筋を緩めて風船のように膨らみやすくして尿をためます。

そして、出口の二重の詮を閉めないと、おしっこが漏れてしまいますので

②内側の詮=内尿道括約筋を収縮して閉める。

③外側の詮=外尿道括約筋を収縮して閉める。

 

これでおしっこをためる準備ができました。

①②は下腹神経 ③は陰部神経

ちなみに、③陰部神経は 体性運動神経で外尿道括約筋は

随意筋ですので、自分に意思で締めたり緩めたり出来ます。

これは意思の力でおしっこを我慢するためです。

トイレまで我慢できるのはこのためです。

 

ですので

蓄尿時神経の興奮が高まるのは下腹神経と陰部神経

①③④は興奮が高まりますので 

  

答えは②

②骨盤神経の興奮が高まると 膀胱を収縮させますので、排尿時です。