読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朝だけ断食実践はり師の  はらぺこで健康になろう

愛知県あま市 たんぽぽはり灸接骨院 院長 日比朋紀の朝だけ断食・はり治療・日常の雑感

健康と若返りの秘訣・・

いつも読んでいただきありがとうございます。

 

テロメアって聞いたことがありますか、

テロメアとは細胞の中の核の中の染色体の両端にある

特別な構造を持った分子のことで、

 

染色体を保護する役割を持っています。

 

このテロメアが細胞分裂を繰り返すたびに減り、

減り続けて最後には細胞分裂ができなくなり、細胞は死に至ります。

 

生まれたばかりの赤ちゃんのテロメアが一番長いのです。

 

染色体を保護しているテロメアが減ってしまうと、

細胞分裂ができなくなり、つまり細胞の死です。

こうした細胞の死が体全体で起こることが人の寿命といえます。

 

正常細胞のテロメアは減少していきますが、

がん細胞のテロメアは逆に細胞分裂しても減らないようです。

ですから、がん細胞は異常に細胞分裂を繰り返して

増殖していくのです。

 

コロンビア大学医学博士の大村恵昭氏は、

Oーリングテストの第一人者ですが、

O-リングテストを利用してテロメアの研究もして見えます。

 

大村氏によると、長寿と若返りにこのテロメアが深く関わっていて、

テロメアの値が高いほど健康で若々しいということです。

 

ではテロメアの値を高めるには

 

①赤いりんごたべる

 昔から1日一個のりんごが医者要らずと言います。

 

②一緒に熟したバナナを半分から1本食べる

 

テロメアを高める食習慣は

 

①食材は5分以上加熱しない

 加熱により栄養成分が逃げてしまうからです。

 野菜や肉を調理する場合も5分以内の加熱ですむ大きさにカットする

 

②少食(腹8分目)

 

③ゆっくり噛んでたべる

 

やはり少食です。

ミトコンドリアを活性化させるのも少食でしたが、

 

人間の体は満腹には対応していないのですね。

 

あと大村氏によると、足にあるツボの足三里を1日4回 200回押すことで

テロメアの値が高まったそうです。

足三里は、膝の下の少し出ている骨の下の外側筋肉の部分です。)

 

最近疲れやすいと感じてる人は

りんごとバナナ

少し食事を減らす。

足三里の指圧を試してみてください。