読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朝だけ断食実践はり師の  はらぺこで健康になろう

愛知県あま市 たんぽぽはり灸接骨院 院長 日比朋紀の朝だけ断食・はり治療・日常の雑感

暑い日に、体は・・・

いつも読んでいただきありがとうございます。

昨日のありがとう実験は、3353回です。

どんな結果になるか、お楽しみに。

 

今日は午後からトライデントの基礎生理学のフォローアップ授業です。

体温調節の話です。

 

今日のように暑いとき、体はどう対処するのか

 

まず、汗をだして、体の熱を逃がします。

皮膚の血管を拡張させて、これまた体の熱を外に放熱します。

 

下垂体というところから(厳密に言うと下垂体後葉)からバゾプレッシン

というホルモンが出て、そのホルモンが腎臓で働いて(腎臓の集合管で)

腎臓でろ過される予定だった水分を再吸収します。

そうするとおしっこの量が減ります。

 

腎臓の上にちょこっとついてる、副腎からはアルドステロン

というホルモンが出て、これも腎臓の集合管からナトリウムを再吸収します。

汗からの水分と塩分を補う目的です。

 

再吸収というのは、おしっこの源尿からもう一度必要なものを吸収

することです。

 

のどが渇いて、水分補給したり、

熱を作り出さないように

食欲不振になったり運動量を減らします。

 

食事や運動は熱を作りますからね。

 

人間の体のしくみは驚きです。