朝だけ断食実践はり師の  はらぺこで健康になろう

愛知県あま市 たんぽぽはり灸接骨院 院長 日比朋紀の朝だけ断食・はり治療・日常の雑感

東洋医学

いつまで 蒸し暑いのか

いつも読んでいただきありがとうございます。 最近、関節の痛みを訴える患者さんが 増えています。 暦の上では秋、燥の時期にもかかわらず 蒸し暑い湿気が多い気候が影響しています。 東洋医学で言う、湿邪です。 胃腸にくると軟便、下痢になります。 またね…

24節気72候 季節に対する感性の豊かさ

いつも読んでいただきありがとうございます。 日差しはかなり強いですが 窓全開と扇風機でエアコンをつけずに 大リーグ中継をみながら書いてます。 やや風が心地よい感じがします。 しかし大型台風も沖縄に接近しています。 被害台風にならなければよいので…

舌を見て自分の体を知る その2

いつも読んでいただきありがとうございます。 今日も東洋医学の 舌のお話 その2です。 舌の表面に付いている白いカスのようなものを 舌苔(ゼッタイ)といいます。 舌苔はおもに舌の角化物からできています。 健康な人の舌の表面には、薄い白い苔があります…

舌を見て自分の体を知る

いつも読んでいただきありがとうございます。 今日は午後からトライデントの鍼灸科の前期最後のフォローアップ授業です。 期末テストも終わって、生徒さんはつかぬ間のお休みです。 ぜひリフレッシュしてください。 今日は舌のお話し 舌は体の状態をよく表わして…

東洋医学の気と量子論を空想してみた

いつも読んでいただきありがとうございます。 今日明日は久しぶりの連休で、のんびり読書でも しようかなっと思います。 今日は東洋医学で言う気が充実する を考えます。 我々の治療も消耗した気を充実させることが 治癒力を上げるために必要ととらえます。 …

体の栄養と心の栄養

いつも読んでいただきありがとうございます。 午後はトライデントの生理学フォローアップの授業です。 今日の内容はホルモン(内分泌)です。 治療院の午前の受付は11時半が最終です。 発病の仕組みを 気血から考えます。 血は食事です。 食習慣・生活習慣が悪い…

見上げてごらん 夜空の星を

いつも読んでいただきありがとうございます。 最近、自分の鍼治療の理論をまとめ直しています。 以前のブログにもありますが、 僕が行っているメインの鍼治療は、体の臓腑の気のバランスを 自然であるその季節にのせる(あわせること) ことにあります。 そ…

東洋医学のはなし 15 腎タイプの陰タイプ

いつも読んでいただきありがとうございます。 東洋医学の陰陽五行理論における人の体質についての話も 最後の腎パイプの陰タイプのみになりました。 人の体質・個性について 肝・心・脾・肺・腎タイプの5つにわかれ、 それぞれが、陽タイプと陰タイプに分か…

東洋医学のはなし 14 腎タイプの陽タイプ

いつも読んでいただきありがとうございます。 今日は暑くなりそうです。昼からは朝だけの断食でダイエットしたい人が 話を聞きにいらっしゃるので、ちょっと速めに午後の治療はスタートです。 今日は腎タイプの陽タイプ(腎実証)です。 腎実証のタイプの人…

東洋医学のはなし 13 腎タイプの人の個性

いつも読んでいただきありがとうございます。 梅雨に入ってはっきりしない天気が続いてます。 朝方・夜と昼の寒暖差があって湿気もあるのでかぜには注意してください。 今日は五行の個性の最後の5つ目 腎タイプです。 腎タイプの人の個性は 腎と膀胱は表裏…

東洋医学のはなし 12 肺タイプの陰タイプ

いつも読んでいただきありがとうございます。 五行の体質も4つ目が今日で終了で、後は腎タイプの一つです。 自分のタイプがわかるとどう養生したほうがいいか、どんな疾患に注意したほうがいいか、 健康面や人間関係などもわかってきます。 じっくりやって…

東洋医学のはなし 11 肺タイプの陽タイプ

いつも読んでいただきありがとうございます。 今日は朝からのどが痛く、久しぶりに風邪地味です。 こんなときは、いつも置き薬屋さんの、のむ葛根湯を飲んで、 人差し指と親指の爪のはえ際にあるツボ(井穴・セイケツ)に刺絡という手法のはりをします。 指…

東洋医学のはなし 10  肺タイプの個性

いつも読んでいただきありがとうございます。 梅雨にはいりましたね、じめじめした季節からか腰痛の患者さんが増えています。 東洋医学的にも湿邪は腰、足に腫れや痛みをもたらします。 お酒も湿邪になりますので、飲みすぎ食べすぎには注意しましょう。 脾…

東洋医学のはなし 9 脾タイプの陰タイプ 

いつも読んでいただきありがとうございます。 昨日のミスチルのライブ、パワーもらいました。 久しぶりに大声出しすぎてあごがはずれるかと思いましたが、あぶないあぶない・・・ 桜井さんもMCで「10年前はワイルドだったぜー」とスギちゃんののりで大爆笑…

東洋医学のはなし 8 脾タイプの陽タイプ

いつも読んでいただきありがとうございます。 今日は、夕方4時までの診療にさせていただいきますので お昼もノンストップで治療します。 夜は奥さん、長女、長女の彼氏、僕の4人で ミスチルのナゴヤドームコンサートに行ってきます。 パワーもらってきます。…

東洋医学のはなし 7 脾タイプ

いつも読んでいただきありがとうございます。 月曜日の午後は治療院は休みなんですが、今日は臨時に、明日の夕方と入れ替わりまして 夕方5時以降治療院で治療します。明日は4時以降は休みになります。 五行の体質3つ目 脾タイプです。現代医学での脾臓の働き…

東洋医学のはなし 6 心タイプの陰タイプ

いつも読んでいただきありがとうございます。 今日は治療院は午前中で終了です。 午後は事務作業で治療院にこもります。 心タイプの陰のタイプ(心虚証)の人の個性 心虚証の人は血の気の乏しい顔色で見るからに 生気と活力が不足したタイプです。 食べ物の…

東洋医学のはなし 5 心タイプの陽タイプ

いつも読んでいただきありがとうございます。 心タイプの陽のタイプ、東洋医学で言うと心実証です。 心実証の人は気血が盛んで肌につやがありどちらかというと赤みがかった顔色をしています。 暑がりで、舌は赤か紅黒を帯び食欲も旺盛です。 心実証の人は声…

東洋医学のはなし 4 心タイプの体質・個性

いつも読んでいただきありがとうございます。 五行体質の二つ目は心タイプです。 心は五臓のなかで君主の官(いわゆる王様です。)とよばれ神を蔵します。 神とは人間の精神機能、生命現象そのものです。ですので 心の気は人間に意欲と闘争心を与え、防御の…

東洋医学のはなし 3 肝の陰タイプ

いつも読んでいただきありがとうございます。 今日は穏やかないいてんきです。 にわか雨がふるのは北海道、東北、四国で一時的だそうです。 今日のお話は、昨日の続きの肝(家の奥さんは「きもタイプ」といってましたが、かんといいます。)タイプの陰タイプ…

東洋医学のはなし 2 肝の陽タイプ

いつも読んでいただきありがとうございます。 天気が不安定ですね。今日もかみなりに気をつけないといけないようです。 今日も昨日に引き続き五行の体質の話です。 なかなか人の個性を5つの分類に当てはめるのには若干の難しさもありますので あくまでも東…

東洋医学のはなし1  五行体質 肝タイプ

いつも読んでいただいてありがとうございます。 今日は午後は天候が安定しないようです。気をつけましょう。 東洋医学では五行論という考え方が基礎にあります。万物を木火土金水(もく・か・ど・こん・すい)の5つに分類していきます。例えば季節で言うと…